アスベスト(石綿)処理(測定・工事・除去)工事中の
塵肺、肺線維症、肺癌 、悪性中皮腫等の被害防

アスキャッチシリーズの商品詳細はこちら…

空気中に飛散しているアスベストは目に見えない為に知らないうちに吸い込んでしまい、やがて肺に重大な被害を及ぼし、長い潜伏期間を経て、最悪の場合には、肺がんや中皮腫等になる危険性が指摘されています。


一刻も早い対策が切望されています。

天井・パーライト吹付
階段下側クロシドライト吹付
砂壁吹付
ハーライト吹き付け
(石綿含有)
クロシドライト吹き付け
砂壁吹き付け
ハーモライト吹付
石綿フェルト材
保温材
ハーライト吹き付け
(石綿含有)
石綿フェルト材
保温材

アスベストは、非常に優れた機能を持つ材料です。これまでにわが国に輸入されたアスベストの総量は、約1,000万トンといわれております。
そのうち約90%が建築材料として、0.1%〜30%、40%を含み加工され使われてきました。このようなことから考えても日常生活をする上でアスベストのない環境で生活することが不可能な状況となっています。
除去工事では、工事中に環境基準値をはるかに超えるアスベストを近隣に撒き散らしている現状があります。これは、アスベスト繊維が20ナノメーター という細かさゆえ、工事でいくら密封状態を作ろうとしても完全な状態を作るのは難しいことと、一時的ではあるものの工事中は、先が見えなくなるく らいの粉塵をあげての作業となるためです。アスベストは、飛散したものを吸い込むことにより健康被害が発生します。
今、早急にやらなければならないことは、まず、飛散を一刻も早く止めることにあると考えています。
アスベストは、最終的には撤去し処理しなければなりませんが、まず、『封じ込め処置』を速やかに行うこともひとつの方法です。施工費用的にも工事期間的にも、安心感、安全度的にももっとも有利な方法です。 
撤去(除去)につきましては、建築物を解体するときに処理することが望ましいと考えます。
政府の方針でアスベスト処理には、溶融を打ち出しておりますが、現状1,500℃以上の熱エネルギーが必要で、そのような特殊な超高温溶融炉は費用面、耐久性面などから限られており、需要に追いついていません。除去されたアスベストを廃棄するにも廃棄場所がないなど、二次被害の危険性もあるため、すぐにすべてを除去し自分のところからなくすと言うだけでは、この問題は、解決せず正しい知識と正しい判断の上での行動が必要です。

アスベスト処理方法
1)除去
「除去」とは、吹付けアスベストをすべて取り除いて、非アスベスト建材に代 替することをいいます。この除去は、吹付けアスベストそのものを取り去るもので、根本的な措置です。そのアスベストの損傷、劣化の程度の高いもの(脱落・繊維の垂れ下がりが多いものなど)、基層材との接着力が低下しているもの(吹付け層が浮き上がっているものなど)、 振動や老衰のあるところに使われている場合など、「封じ込め」や「囲い込み」では 有効な措置を講じることが期待できない場合は、この除去の措置が有効です。
2)封じ込め
「封じ込め」とは、吹付けアスベストの表面に固化剤を吹付けることにより 塗膜を形成(塗膜性封じ込め処理=表面固化形)したり、吹付けアスベストの内部に固化剤を浸透させアスベスト繊維の結合力を強化する(浸透性封じ込め処理=浸透固化形)ことにより、吹付けアスベストの表面、そのアスベスト全体を固化させてアスベストの飛散防止措置を行うものです。
3)囲い込み
「囲い込み」とは、アスベストが吹付けられている天井、壁などを非アスベスト建材で覆うことでアスベストの飛散防止措置を行うものです。この措置によって、仮にその吹付けられたアスベストがはがれたとしても、アスベストを覆っている非アスベスト建材によって、そのはがれたアスベストが外へ飛散することを防止できます。

アスベストの封じ込め・剥離撤去工事をお受けします、お気軽にご相談下さい。
どの様な廃棄物の処理のご相談も歓迎致します。
施工設計価格等詳細に付きましてはメールにてお気軽にお申し付け下さい。

「石綿障害予防規則第3条第2項の規定による石綿等の使用の有無の分析調査の徹底について」、で分析対象となる石綿が従来の3種類(クリソタイル・アモサイト及びクロシドライト)から3種類増えて6種類となりました。

分散染色法による分散色を確認
位相顕微鏡
クリンカタイル クロシドライト アモサイト
位相顕微鏡
クリソタイル
クロシドライト
アモサイト
平成20年2月6日付け通達(基安化発第0206003号)により追加
アクチノライト
アンソフィライト
トレモライト

X線解析装置
X線解析

白石綿拡大写真
青石綿拡大写真
茶石綿拡大写真
白石綿
青石綿
茶石綿
白石綿(クリソタイル)
青石綿(クロシドライト)
茶石綿(アモサイト)

各種赤面の回析強度

page-top 石綿の種類 page-end

石綿粉塵濃度の測定・分析

自治体関連庁舎・病院・学校等、公官庁施設からビル・マンション・店舗・個人宅工場等民間施設まで実施しておりますので、御利用下さい。
測定場所
測定方法
定量限界
分析方法
敷地境界
47oのメンブレンフィルタを使用10L/minで240min採取
0.3本/L
位相差顕微鏡による分析
処理作業中室内
ディスポーサブルタイプのものを使用1L/minで5min採取
50本/L
作業前後の室内及び対象室外部付近
ディスポーサブルタイプのものを使用5L/minで120min採取
0.5本/L
計数条件
総アスベスト繊維数200本または、視野数50視野
計数アスベスト
直径3μm未満、長さ5μ以上長さと直径比3:1以上
分析費(税別)15000円/1検体(報告書3部まで含む)
※深夜作業・遠隔地・交通費等は別途御見積とさせて頂きます。

建材分析
自治体関連庁舎・病院・学校等、公官庁施設からビル・マンション・店舗・個人宅工場等民間施設まで実施しておりますので、御利用下さい。
分析項目
分析方法
分析費(税別)
定性分析アスベストが0.1%を超えて含有しているかの分析
位相差顕微鏡による分散染色法及びX線解析
60,000円/1検体
定量分析定性分析の内容+アスベスト含有率の算出
位相差顕微鏡による分散染色法及びX線解析(基底標準吸収補正法)
70,000円/1検体

分析費用には報告書3部まで含まれています。
※深夜作業・遠隔地・交通費等は別途御見積とさせて頂きます。


建材分析のメリット

設計図書等でアスベスト含有建材と確認できない場合、アスベスト含有建材とみなして除去工事を行い処理をする費用よりも建材分析を行いアスベスト含有0.1%以下と判定されてからの除去工事の方が費用が掛からない場合も多くあります。含有されていないと判明した場合、役所等への届出も簡略化でき工期も短縮できます。(但し含有されていない場合でも、飛散防止等の処置は行わなければいけません。)

アスベスト含有とみなしての除去・処理費用
建材分析費+アスベスト含有と判定された部分の建材の除去・処理費用
アスベスト含有とみなしての除去・処理費用
建材分析費+アスベスト含有では無いと判定された建材の除去・処理費用


吹き付け材の含有判定フロー

page-top 石綿の種類 page-end

アスベスト処理の方法
除  去

既存の吹き付けアスベスト層を下地から取り除く工法弊社では、除去を行う場合隔離養生等必要な準備をした後2種類の薬剤を用いエアレススプレイヤーを使用し1液目で湿潤化、2液目でジェル化し飛散を抑制しアスベストの自重で落下させ処理の期間を短縮させます。

封じ込め

既存の吹き付けアスベスト層は残し封じ込め剤の散布により固化させ飛散を防ぐ工法養生等は除去と同じ仕様で行い、吹き付けアスベストが落下しないように注意しながら封じ込め剤を散布して固化し飛散を防ぎます。

囲い込み

既存の吹き付けアスベスト層は残し使用空間に露出しないように覆う工法吹き付けアスベスト部分を非石綿建材で覆います。


それぞれの工法のメリット・デメリット

除  去
封じ込め
囲い込み
適用対象
人の出入りの多い
公共施設
駐車場・エレベーター等
除去が困難な場所
天井裏・梁等
隔離しやすい場所
周辺との隔離
必 要
必  要
場合によって必要
解体時対策
不 要
必  要
必  要
コスト
高 い
やや高い
比較的安い
工 期
長 い
やや長い
比較的短い

平成18年3月にアスベスト(石綿)による被害者救済法とともに、建築基準法や廃棄物処理法など、アスベストの除去、規制に関する4法が改正されました。廃棄物処理法では、ニれまでにほとんどが埋め立て処分されていましたが、アスベストを含むスレートなど、飛散しにくい建材も溶融して無害化する処分を進める方針を固めました。 当社は専門家による現場の事前調査・診断・環境測定、検体の分析、コンサルティング、封じ込め工事、除去工事、引渡しをトー-タルでお引き受けします。今まさに社会不安を引き起こしている危険なアスベストを環境に配慮しながら迅速に処置し、社会に安全な生活環境を取り戻すことを掲げています。